鍵は様々な種類があるので変更する機会にしっかり対策しましょう

鍵はしばしば交換する必要があります。鍵をなくしたことや古くなった防犯対策の為に鍵に変更したいなど、鍵を新しい物に変更すると言うことを検討しているけど、どういう鍵を選択すればいいのかわからないと悩んでいる方も多いと思います。まず、選ばない方が良い鍵はディスクシリンダータイプの鍵です。以前からある鍵で自宅についている方も多いと思いますが、このディスクシリンダーの鍵はピッキングにかなり弱く、鍵自体もすぐに複製されてしまいます。簡単に複製されてしまうということはちょっと貸した時や紛失したけどすぐ返ってきたという場合でも複製されてしまっている可能性があり非常に危険なのです。

ピッキングや複製など防犯対策として、今普及しているのが、ディンプルキーやウェイブ鍵です。ディンプルキーはデコボコとしたオウトツが無数にある鍵で無数のパターンを作ることが出来る為、コピーすることが非常に難しく複製対策としては非常に有用なキーです。また、ディスクシリンダーと違い鍵のオウトツが非常に複雑ですのでピッキング対策として非常に有用な鍵です。ウェイブキーは車のキーなどにも採用されている鍵のタイプで文字通り波打った形状のオウトツになっており、対ピッキング性能が大変に高くかなりの効果があります。また、ホコリ等が入りづらいのも特徴です。

このところはディスクシリンダーの代わりにこの2種類の鍵が使われることが多くなっています。しかし、どちらもシリンダーを使っている物になりますので、サムターン回しへの対策などが必要となります。そこで、そのあたりも全体的に対策出来る電子キーをおすすめします。こちらはカードやリモコンとかをかざすと開けることが出来ます。事務所や工場他で使われていることも多い鍵です。

少々お値段がかかってしまうのが難点ですけれども、コピーやピッキング、サムターン回しなど不正に解錠しようとする泥棒等に対する対策としては大変有用です。また、最近はスマートフォンなど電子端末から操って開錠するタイプの鍵なども普及しつつあります。こちらも既存の電子キー同様泥棒対策で有用です。様々種類がありますので、鍵を変更するこの機会にしっかり対策をして下さい。